▷ Amazon Prime Day情報まとめ
Kindle端末買うならどれがいい?選び方からおすすめモデルを紹介

Kindle端末買うならどれがいい?選び方からおすすめモデルを紹介

AmazonのKindle本専用タブレット「Kindle端末」の選び方を紹介。Kindle端末とは読書に特化した端末で、特殊なディスプレイを採用。実際に紙の本を読んでいるかのように読書をすることができます。

Kindle端末のモデルを比較

4つのモデルの特徴をピックアップ

スクロールできます
  • ディスプレイのサイズが6インチ
  • 防水に非対応
  • とにかく安いモデルが欲しい人向け
Kindle Paperwhite
  • ディスプレイのサイズが6.8インチ
  • 価格と性能面の両方バランスが良い
  • 妥協せずに読書を楽しみたい人向け
Kindle Oasis
  • ディスプレイのサイズが7インチ
  • ページをめくるボタンが搭載
  • 価格を気にせず性能を求める人向け
Kindle Paperwhite シグニチャー エディション
  • ディスプレイのサイズが6.8インチ
  • 通常モデルでは選べない「32GB」
  • 漫画などをたくさん保存したい人向け
モデルの比較表を開く
スクロールできます
モデルKindle PaperwhiteKindle OasisKindle Paperwhite シグニチャー エディション
KindleKindle PaperwhiteKindle OasisKindle Paperwhite
シグニチャーエディション
おすすめ度
ディスプレイ6インチ6.8インチ7インチ6.8インチ
解像度300pi300pi300pi300pi
フロントライトLED 4個 LED 17個 LED 25個 LED 17個
容量16GB8GB / 16GB8GB / 32GB32GB
防水 非対応対応対応対応
充電ポートUSB-CUSB-Cmicro USBUSB-C
接続Wi-FiWi-FiWi-Fi / 4GWi-Fi

Kindle端末の選び方

5つのポイント

スクロールできます

ディスプレイのサイズ

活字の本を読むなら気にする必要なし。漫画を読むなら6.8インチ以上のモデルがおすすめ。

容量

基本的に8GBで十分。漫画も保存するのであれば16GB以上がおすすめ。

広告あり・なし

広告なしのモデルは+2,000円高くなる。広告ありの場合でも読書中に広告は表示されない。

防水機能

最も安いモデル「Kindle」以外は、全て防水に対応。お風呂などでも使うのであれば防水機能必須。

接続方法

Kindle Oasisのみ「Wi-Fi+無料4G」が選べる。自宅にWi-Fi環境があるなら4Gは不要。


Kindle端末のおすすめモデルは?

Kindle Paperwhite

Kindle Paperwhite

Kindle Paperwhite

Kindle端末は1度購入したら長く使えることを考えると、ある程度の性能は求めた方が良い。それを考えると価格と性能両方の面でバランスの取れたこちらのモデルがおすすめ。

Kindle Paperwhite

シグニチャーエディション

通常モデルのKindle Paperwhiteで16GB+広告なしを選ぶならこちらがお得。32GB+広告なしで2,000円の差しかないので容量を求めつつ広告なしを選ぶならこのモデルがおすすめ。

【関連記事】Kindle Paperwhiteとシグニチャーエディションの違いとは?


目次

Kindle端末のモデルの違いを比較

スクロールできます
モデルKindle PaperwhiteKindle OasisKindle Paperwhite シグニチャー エディション
KindleKindle PaperwhiteKindle OasisKindle Paperwhite
シグニチャーエディション
おすすめ度
ディスプレイ6インチ6.8インチ7インチ6.8インチ
解像度300pi300pi300pi300pi
フロントライトLED 4個 LED 17個 LED 25個 LED 17個
容量16GB8GB / 16GB8GB / 32GB32GB
防水 非対応対応対応対応
充電ポートUSB-CUSB-Cmicro USBUSB-C
接続Wi-FiWi-FiWi-Fi / 4GWi-Fi

Kindle

New Kindle
おすすめ度
ディスプレイ6インチ
解像度300ppi
フロントライトLED 4個
容量16GB
防水非対応
充電ポートUSB-C
接続Wi-Fi

Kindleの中で最も安いモデル。必要最低限の性能を搭載して価格を抑えているのが特徴。ディスプレイのサイズは6インチと小さく、全体的にコンパクト。価格重視の方におすすめ

Kindle Paperwhite

Kindle Paperwhite
おすすめ度
ディスプレイ6.8インチ
解像度300ppi
フロントライトLED 17個
容量8GB / 16GB
防水対応
充電ポートUSB-C
接続Wi-Fi

価格と性能の両方でバランスの取れたモデル。ディスプレイのサイズも大きく、どのユーザー層も選びやすい。迷ったらこのモデルを買っておけば間違いなしと言えるくらいおすすめのモデル。

Kindle Oasis

Kindle Oasis
おすすめ度
ディスプレイ7インチ
解像度300ppi
フロントライトLED 25個
容量32GB
防水対応
充電ポートmicro USB
接続Wi-Fi / 4G

4つのモデルの中で唯一物理的なボタンを搭載したモデル。ボタンを押すだけでページをめくれるため、片手で操作しやすい。ただし、価格が高いというのも特徴。

Kindle Paperwhite
シグニチャーエディション

おすすめ度
ディスプレイ6.8インチ
解像度300ppi
フロントライトLED 17個
容量8GB / 16GB
防水対応
充電ポートUSB-C
接続Wi-Fi

Kindle Paperwhiteをベースにした特別モデル。通常モデルでは選べない32GBの容量を搭載しているのが特徴。また、明るさ自動調整機能などもあり。

Kindle端末の選び方

ディスプレイのサイズ

ディスプレイのサイズ

Kindle端末のモデルは、6インチ〜7インチの間から選べます。

活字の本を読むのであればディスプレイのサイズに関しては、気にする必要はありません。

漫画を読むのであればディスプレイのサイズは大きい方がおすすめ。

容量

容量

Kindle端末のモデルには、それぞれ保存できる容量が決まっています。

1冊あたりの保存容量は書籍によって異なりますが、目安として1GBあたりに保存できる冊数がこちら。

ジャンル1GBあたり保存できる冊数
小説500冊〜1,000冊前後
漫画20冊前後

つまり、8GBのモデルであれば小説は4,000〜8,000冊ほど保存できます。しかし、1冊あたりの容量が大きい漫画は160冊程度。

広告あり・なし

広告あり・なし

一部のモデルを除いて、Kindle端末では「広告あり・なし」を選べます。

広告ありKindle端末に広告が表示される
広告なし2,000円高くなる

広告ありのモデルを選んだ場合、Kindle端末のロック画面やライブラリー画面などにおすすめのKindle本が表示されます。

広告あり・なしは、あとから変更することはできないので注意。

防水機能

防水機能

お風呂などで読書を楽しむのであれば「防水機能」は必須。

最も安いモデル「Kindle」以外のモデルはすべて防水に対応しています。

接続方法

接続方法

Amazonで購入した本をKindle端末に保存する際に、ネット環境が必要になります。

Wi-FiモデルWi-Fi環境がある場所でのみネットに繋がる
Wi-Fi+無料4GWi-Fi環境がない場所は
4G回線でネットに繋がる

Kindle端末にダウンロードした本は、ネット環境がない場所でも読むことができます。

つまり、自宅にWi-Fi環境がある方であれば「Wi-Fiモデル」でOK。

Wi-Fi+無料4Gとは

Wi-Fi環境以外の場所では「4G回線」が使えます。この4G回線は無料で利用できるため、スマホのようにSIMカードなどを差す必要はありません。

現在「Wi-Fi+無料4G」を選べるのは、Kindle Oasisのみ。

目的別おすすめKindle端末

スクロールできます

とにかく価格を抑えて安く買いたい人におすすめのモデル。

Kindle Paperwhite

性能面を求めつつ価格はなるべくやすく買いたい人におすすめのモデル。

Kindle Oasis

基本的に買わなくて良い。買うなら一般的なタブレットも検討すべきモデル。

Kindle Paperwhite シグニチャー エディション

Kindle Paperwhiteで16GB+広告なしを選ぶならこちらがお得。

Kindle:とにかく価格を抑えたい人におすすめ

Kindle

必要最低限のスペックによって価格を抑えたモデル。保存容量は8GBだったが、新型では16GBに増えたのも魅力。


メリット

6インチのコンパクトなタブレット。価格が安いにも関わらず16GBの保存容量なのも嬉しい。

デメリット

LEDが4個しかない点や防水非対応など他のモデルよりも明らかに劣る部分がある。

Kindleは、価格を重視する人にとっておすすめのモデルです。

小説やビジネス書といった活字の本以外は読まないという人で、価格を重視するのであれば選択肢としてアリ。

Kindle Paperwhite:価格は抑えつつ性能は妥協したくない人におすすめ

Kindle Paperwhite
Kindle Paperwhite

価格は抑えつつ、スペック面は妥協していないコスパ最強のモデル。どのKindle端末を買うべきか迷うのであればコレを買っておけば間違いなし。


メリット

6.8インチのディスプレイ。スペックの部分も優秀。どのユーザー層にも使いやすい。

デメリット

Kindleモデルの中ではコスパ最強。ただし、読書専用タブレットと考えると高い。

Kindle Paperwhiteは、価格とスペック両方の面でコスパ最強のモデルです。

Kindle端末のモデル選びで迷ったらKindle Paperwhiteを買っておけば良いレベル。

Kindle Oasis:片手操作しやすいボタンが欲しい人におすすめ

Kindle Oasis
Kindle Oasis

Kindle端末の最上位モデル。唯一ボタンが搭載されたモデル。また、LEDも25個備わっているなど全てにおいて妥協なし。


メリット

ページをめくるためのボタンを搭載。ディスプレイを触る必要がなく片手で読みやすい。

デメリット

8GBの容量でも約3万円と高い。

Kindle Oasisは、価格などは一切気にせず、ボタンが欲しいという方であれば買うのもアリ。

価格を考えると読書専用のタブレットにこの金額払うなら一般的なタブレットの購入を検討した方が良いかもしれない。

シグニチャーエディション:容量+広告なしを求める人におすすめ

Kindle Paperwhite シグニチャー エディション
シグニチャーエディション

Kindle Paperwhiteの特別なモデル。通常モデルでは選べない32GBの容量を備えているのが特徴。また、広告もなし。


メリット

1冊あたりの容量が大きい漫画などをたくさん保存したい人にとっては32GBは魅力。

デメリット

明るさ自動調整機能やワイヤレス充電対応などは特に魅力を感じない。

Kindle Paperwhite シグニチャーエディションは、容量を求めつつ広告なしにしたい人におすすめです。

通常モデルで16GB+広告なしと当モデルの32GB+広告なしの価格差は2,000円。容量を求めている人にとってはお得なモデルと言えます。

モデルで迷ったら
Kindle Paperwhiteがおすすめ

Kindle Paperwhite

Kindle Paperwhite

Kindle端末は1度購入したら長く使えることを考えると、ある程度の性能は求めた方が良い。それを考えると価格と性能両方の面でバランスの取れたこちらのモデルがおすすめ。

Kindle Paperwhite

シグニチャーエディション

通常モデルのKindle Paperwhiteで16GB+広告なしを選ぶならこちらがお得。32GB+広告なしで2,000円の差しかないので容量を求めつつ広告なしを選ぶならこのモデルがおすすめ。

Kindle端末を安くお得に買う方法

Amazonでは定期的に行われるセールがあります。そのセール期間中にKindle端末も安くお得に購入できるようになっています。

Amazon プライムデー

Amazon プライムデー

1年に1度開催されるAmazonのビッグセール「Amazon Prime Day(アマゾン・プライムデー)」では、他のセールの中でも最も安くKindle端末を購入することができるセールになります。

開催期間2023年7月11日0:00 〜 7月12日23:59

Amazon ブラックフライデー

Amazon ブラックフライデー

毎年11月の第4金曜日から「Amazon BLACK FRIDAY(アマゾン・ブラック・フライデー)」が開催されます。

開催期間2023年11月24日0:00 〜 12月1日23:59

Kindle端末の使い方

Kindle端末の使い方

Kindle端末を初めて買うから使い方が不安・・・という方に向けて「Kindle端末の使い方・操作方法」をまとめたものがこちら。

Kindleに関するよくある質問

Kindle端末はネット環境必要なの?

本を購入・ダウンロードするときはネット環境が必要です。

読書中は、Wi-Fiやネット環境がないオフラインの環境でも読むことができます。

スマホのアプリでKindle本が買えないんだけど・・・

現在iPhoneやAndroidでは、アプリからKindleの本を買うことができません。

ブラウザアプリからなら購入が可能となっています。

解決方法はこちら(Kindleの本が買えない理由とは?)で解説しています。

Kindle本が読み放題になるサブスクはある?

Prime Reading(プライム・リーディング)とKindle Unlimited(キンドル・アンリミテッド)という2つの読み放題サブスクサービスがあります。

仕組みや違いについては、下の記事をご覧ください。

電子書籍のメリット・デメリットを知りたい

電子書籍の良さは「場所を取らない」「安く買える」といったメリットもあれば、紙の本のような質感を味わえないデメリットもあります。

詳しくはこちら(電子書籍のメリット・デメリット)で解説しています。

Kindle端末で漫画は読みにくい?

6.8インチ以上あれば読むことはできますが、快適に漫画を読みたいのであれば、Kindle端末ではなくもう少し大きいタブレットがおすすめ。

コメント

コメントする

目次