電車で読書をしたいけど恥ずかしい人に向けて解決法を紹介

電車で読書が恥ずかしい

電車で読書がしたい。でも読書をするのが恥ずかしいという方に向けて、電車で本を楽しむ方法を3つ紹介。

目次

電車で読書が恥ずかしい人向けの解決方法

電子書籍を活用する

電車の中でスマホを触るという行為は当たり前になっているため、紙の本ではなく電子書籍で本を購入してスマホで本を読むというスタイル。

電子書籍に抵抗がある方もいらっしゃるかもしれませんが、片手で読書ができるというのは魅力的。電車の中だと尚更。

オーディオブックを活用する

オーディオブックとは、本をプロのナレーターが朗読してくれるサービスです。

音楽を聴くように読書を楽しむことができるため、オーディオブックを活用するというのも1つの手。

ただし、オーディオブックは1冊あたりの価格が高いため、聴き放題のサブスクサービスを利用することをおすすめします。

詳しくはこちら(【聴き放題】Audibleとaudiobook.jpを比較!どっちがおすすめ?)をご覧ください。

要約サービスを活用する

少し「読書」と主旨が逸れてしまいますが、本から情報をインプットするために読書をしているのであれば、本の要約サービスを活用してみるといのもアリでしょう。

そもそも電車で読書は恥ずかしいのだろうか

個人的には今の時代、みんながスマホを覗き込んでいるなか、本を読んでいる人がいたら何だか言い表せない素敵な気持ちになります。

うわっ、本読んでるじゃん。なんて思わないでしょう。

本を読む人自体減ってきており、電子書籍で読む人も増えてきてはいますが、紙の本でしか体験できない読書の世界もありますしね。

もし、電車で読書は恥ずかしいからやめておこう・・・と思っている人がいたとしたら、気にせず電車で読書をしてほしいなと思います。

それでもやっぱり恥ずかしいという方は、今回紹介した3つの方法からどれか試しみていただけたら幸いです。

コメント

コメントする

目次