【最大50%還元】Kindle本 ポイントキャンペーン開催中
【聴き放題】Audibleとaudiobook.jpを比較!どっちがおすすめ?

【聴き放題】Audibleとaudiobook.jpを比較!どっちがおすすめ?

ポイントまとめ

  • audibleとaudiobook.jpのどちらを利用すべきか迷ったら、取り扱い作品で選ぶのがおすすめ
  • audibleは、小説やビジネス書など幅広いジャンルの本が聴き放題
  • audiobook.jpは、ビジネス書を中心に配信しており作品が豪華
Audible(オーディブル)

オーディオブックサービス
audible(オーディブル)

総合評価
3.5

料金 | 作品数 | 使いやすさ

月額料金1,500円
無料体験30日間

幅広いジャンルの本が聴き放題対象になっていることから、老若男女問わず幅広い年代の人が使いやすいオーディオブック。ビジネス書を聴きたい方や小説の世界観を楽しみたい人におすすめ。

ジャンルの幅が広い反面、全体的に聴き放題対象のコンテンツが広く浅くという印象。人によっては、物足りなさを感じてしまうかもしれない。また、月額1,500円というのがやや手を出しにくいかも?

YOMUDAKE

YOMUDAKE CHECK

具体的にこういうジャンルの本が聴きたい!というのがないのであれば、まずはaudibleで色んなジャンルに触れてみるのをおすすめします。逆にビジネス書だけを聴きたいというビジネスパーソンの方には、audiobook.jpをおすすめします。

目次

Amazon Audible(オーディブル)とは

Amazon Audible(オーディブル)とは

https://www.audible.co.jp

サービス名Audible
月額料金1,500円
聴き放題対象12万冊以上
(日本語作品は1万冊以上)
ジャンルビジネス書・実用書

小説

子供向け作品
対応デバイスiOS端末
Android
PC
無料体験期間30日間
公式サイトAudible

Audibleは、Amazonが運営するオーディオブックサービスです。

Amazonでは紙の本や電子書籍のKindle版と並んで、Audible版も販売されています。

そのAudible版の中から選ばれた12万冊以上を、Audible会員(会員費:月額1,500円)になると聴き放題で聴くことができます。

Audibleを使って感じたメリット

メリット

  • 幅広いジャンルを取り扱っている
  • 発売されたばかりの本でも聴き放題対象になることがある
  • 追加料金不要でポッドキャストも聴き放題

Audibleの魅力は、聴き放題対象ジャンルの幅が広いこと。

ビジネス書や実用書を中心に小説やアニメ化作品のラノベ、そして子供向けの本なども対象。

老若男女問わず使いやすいサブスク型のオーディオブックサービスと言えます。

Audibleを使って感じたデメリット

デメリット

  • 月額1,500円と高い
  • 12万冊以上が聴き放題と言っても日本語作品は少ない

まず気になるのが月額1,500円という料金。

月に数冊ほど聴く方であれば1冊あたりの本の価格を考えれば安い。ですが、1冊聴くか聴かないかのようなライトユーザーの方ですと損をしそうです。

また、12万冊以上聴き放題とは言っても洋書なども含まれています。ちなみに日本語作品は約2万冊ほど。

語学学習としてオーディオブックを活用したい方にとっては、約10万冊の洋書を聴くことができるのはメリットになるでしょう。

audiobook.jp(オーディオブック.jp)とは

audiobook.jp(オーディオブック.jp)とは

https://audiobook.jp

サービス名audiobook.jp
月額プラン1,330円
年間プラン9,990円
(1ヶ月あたり833円)
聴き放題対象1.5万冊以上
ジャンルビジネス書・実用書

小説

子供向け作品
対応デバイスiOS端末
Android
無料体験期間14日間
公式サイトaudiobook.jp

audiobook.jp は、オトバンクが提供するオーディオブックサービス。

月額プランだと1,330円ですが、年間プランであれば1ヶ月あたり833円で利用することができます。

ビジネス書や実用書を中心に配信されており、ビジネスパーソン向けと言えます。

audiobook.jpを使って感じたメリット

メリット

  • 年間プランなら1ヶ月あたり833円という安さ
  • ビジネス書や実用書といった本が豊富
  • 聴き放題ではなくお得に購入したい人向けのプランがある

audiobook.jpは、ビジネス書や実用書に自己啓発本といったジャンルの本が多い印象。

Audibleはジャンルの幅が広いのに対し、audiobook.jpは特定のジャンルに絞って充実している感じです。

audiobook.jpを使って感じたデメリット

デメリット

  • 聴き放題対象に小説が少ない
  • レビューの項目がない

プロのナレーターによる朗読で小説の世界観を楽しみたい・・・そんな人にとっては、聴き放題対象に選ばれている小説の少なさに物足りなさを感じてしまうかもしれません。

また、それぞれの本にレビューの項目がないため、レビューを見てから聴きたいという人にとっては残念。

Audibleとaudiobook.jpを比較

Audibleaudiobook.jp
月額料金1,500円1,330円
833円
(年間プラン:1ヶ月あたり)
聴き放題対象約12万冊
(日本語:約2万冊)
約1.5万冊
ジャンルビジネス書・実用書

小説

子供向け作品
ビジネス書・実用書

小説

子供向け作品
無料体験期間30日間14日間
公式サイトAudibleaudiobook.jp

Audibleとaudiobook.jpを比較してみると、Audibleは月額料金が高いですが幅広いジャンルの本を楽しむことができます。

一方audiobook.jpでは、1年間の年割プランに加入すればAudibleと比べて半額の会員費で済みます。Audibleほどジャンルの幅はないのものの、ビジネス書や実用書が目的であれば十分と言えるでしょう。

Audibleはこんな人におすすめ

  • 月に数冊は聴きたい
  • ビジネス書や実用書以外に小説なども楽しみたい
  • 海外作品の朗読を聴いて語学学習に使いたい
  • 子供用の読み聞かせとしてオーディオブックを活用したい

幅広いジャンルの本を色々聴きたい。活用したい。ということであれば、Audibleがおすすめ。

audiobook.jpはこんな人におすすめ

  • ビジネス書を中心に聴きたい
  • なるべく安く利用したい

audiobook.jpを利用するなら「年割プラン」がお得。

1ヶ月833円ということを考えれば、月に1冊ペースで聴きたいというライトユーザーの方でも損をせずに利用することができます。

Audibleとaudiobook.jpの比較まとめ

  • Audibleは、月額1,500円で12万冊以上が聴き放題
  • audiobook.jpは、月額1,330円(年間プランなら1ヶ月あたり833円)で1.5万冊以上が聴き放題
  • Audibleは、ジャンルの幅が広いのが特徴
  • audiobook.jpは、ビジネス書や実用書などが中心
Audible

メリット

幅広いジャンルの本が聴き放題で配信されている。小説などもオーディオブックならではの世界観を楽しめて良い。また、話題の本などもオーディオブック化が早い。

デメリット

audiobook.jpと比較して月額料金が高い。

audiobook.jp

メリット

ビジネス書や実用書が豊富に配信されており、ビジネスパーソンにとって使いやすい。年間プランであれば、1ヶ月あたり833円で利用できるというのも魅力的。

デメリット

Audibleと比較してジャンルが偏っている。

コメント

コメントする

目次