【おすすめ漫画】絶対に読むべき面白い作品まとめ

絶対に読むべきおすすめ漫画

漫画好きの人はもちろん、漫画を普段読まないという方にもぜひ読んでほしいおすすめの漫画作品を紹介しています。このページでは、おすすめの漫画作品をジャンル別・巻数別に探せるようになっているので、ぜひこの中から自分に合った作品を探してみてください。


ジャンルから探す

目次

おすすめ
バトル漫画


漫画といえば王道のジャンル。
戦って戦って勝利を掴め。

チェンソーマン

チェンソーマン
おすすめ度
著者藤本タツキ
巻数連載中

あらすじ

父親の借金だけが残ったデンジは、幼少期から貧しい生活を過ごしてきた。しかし、あることをきっかけにデンジは悪魔の心臓を身に宿し、デビルハンターとして生きることに。自分の欲に忠実なデンジは周りを巻き込んでいき・・・?

ネタバレなしの感想

簡単に命を失うこの世界で、教育を受けておらず倫理観が欠如している一方で、純粋でどこか達観した一面も見え隠れするデンジがかき乱していくのが爽快です。

SAKAMOTODAYS

SAKAMOTODAYS
おすすめ度
著者鈴木祐斗
巻数連載中

あらすじ

メガネをかけ、小太りの男は街の商店を営む。のほほんとした見た目のこの男の正体は、元伝説の殺し屋・坂本太郎。銃以外にも様々な小道具を器用に扱う。そんな彼の元へ刺客がやってくる。

ネタバレなしの感想

著者の鈴木先生特有の間が個人的に好きで、そこからスピード感溢れる構図も読んでいてワクワクさせられます。序盤はあっさりめの味付けで読みやすく、巻が進むごとにどんどんと中身が濃くなっていきます。

金色のガッシュ

金色のガッシュ
おすすめ度
著者雷句誠
巻数全16巻(完全版)

あらすじ

中学生の清麿は頭脳明晰であるゆえ周りの生徒から妬まれていた。ある日、金髪の子供が部屋の窓から入ってくる。千年に一度、王の座をかけ、100人の魔物の子供たちは人間と組み、最後の1人になるまで戦うという・・・

ネタバレなしの感想

物語はもちろん面白いのですが、コメディ要素も多く笑えるのに次のページでは鳥肌が立つほどグッと来るシーンがやってきたりと、読者の感情を上手くコントロールしており読んでいて飽きません。また、それぞれのキャラクターにちゃんと人生が乗っかっているのも泣けるポイント。

ダンダダン

おすすめ度
著者龍幸伸
巻数連載中

あらすじ

友達のいないオカルト好きのオタク男子高校生・高倉。誰とでも分け隔てなく接することができ、幽霊の存在を信じる女子高生・綾瀬。あることをきっかけに2人は、未知の生物に遭遇し事件に巻き込まれていく・・・?

ネタバレなしの感想

笑えるシーンがあると思えば突然シリアスなシーンに切り替わる緩急が上手く、読んでいて引き込まれます。それも全てはバトルシーンを圧倒的な画力で魅せつけることができるから。効果音に頼らず絵だけで音が聞こえてくるレベル。スピード感もあってまるで映像を見ているかのような気分を味わえます。

おすすめ
癒やし漫画


この世界に入り込みたい。癒やし、心が軽くなる。

メタモルフォーゼの縁側

メタモルフォーゼの縁側
おすすめ度
著者鶴谷香央理
巻数全5巻

あらすじ

気づいたら75歳。夫の三回忌。そんなある日、お婆さんは久しぶりに本屋に立ち寄ると、1冊の絵が綺麗な漫画と出会う。その本は「BL漫画」。書店でバイトするBL好きの女子高生店員とお婆さんの年の差友情物語が描かれる。

ネタバレなしの感想

読んでいるときも読み終えたときも「あー最高だなぁ」と感じられる作品。この世界観とゆったりと流れる時間が読んでいて心地良い。辛いことやしんどいことがあったときにこの世界に浸りたい。

よつばと!

よつばと!
おすすめ度
著者あずま きよひこ
巻数連載中

あらすじ

緑の髪の毛をした可愛らしい5歳の女の子・よつばと父親・とーちゃんがこの街に引っ越してきた。元気で活発なよつばと、とーちゃん含め近所の人たちの日常を舞台にしたワクワク冒険漫画。

ネタバレなしの感想

ただの日常でも、よつば視点で描くことで特別なものへと変化していきます。1つ1つのよつばの言動も可愛らしく、また周りの大人たちも面白い。そんな癒やしの世界がこの作品には詰まっています。

ひらやすみ

ひらやすみ
おすすめ度
著者真造圭伍
巻数連載中

あらすじ

29歳。フリーター。恋人もいない。そんな生田ヒロトには悩みがない。普通の人なら悩みや葛藤などがありそうですが、ヒロトにはありません。しかし、彼は誰よりも幸せそうな日常を過ごしています。

ネタバレなしの感想

今を生きることに疲れた人。何かに流されて生きている人にこそ、1度触れてほしい価値観がこの作品にはあります。どこか抜けているようで、実は生き方を示しているような素敵な作品。

ばらかもん

ばらかもん
おすすめ度
著者ヨシノサツキ
巻数全18巻

あらすじ

都会で生活をしていたが、ある事件をきっかけに実質島流し?として、とある島へやってきた書道家の半田清舟。島の慣れない生活。そして島の人たちの温かさに包まれ、半田清舟にも変化が。

ネタバレなしの感想

本気で島で生活したい!と思わせてくれた漫画がこちら。島のゆったりと流れる変わらない時間と、そこで起きる変化が上手く対比として表現されているところも良い。

おすすめ
ヒューマンドラマ漫画


人間の魅力や汚さ。繋がり。駆け引き。

タコピーの原罪

タコピーの原罪
おすすめ度
著者タイザン5
巻数全2巻

あらすじ

ある日小学生の女の子・しずかちゃんは、ハッピー星からやってきたハッピー星人と出会う。タコの姿に似ていることからハッピー星人を「タコピー」と名付た。純真無垢なタコピーは、しずかちゃんを元気にしようとするもどこか暗い表情のまま。実はしずかちゃんは、学校で壮絶なイジメに合っていて・・

ネタバレなしの感想

タコピーの純粋な部分や人間というものをあまり理解できないところがポップに描かれています。しかし、物語が進むにつれて登場人物たちの立ち位置が変わると、読者もタコピーのように「あれ?こんなはずじゃ・・・」というタコピーと同じ感覚を味わえるのが良いですよね。

ルックバック

ルックバック
おすすめ度
著者藤本タツキ
巻数全1巻

あらすじ

小学4年生の藤野は自分の絵に自信を持っており、学級新聞では4コマ漫画を任されていた。そんなある日、不登校の京本が描いた4コマが掲載される。京本の画力に藤野は心を折られ描くのをやめてしまう。そして卒業式の日、藤野は京本と出会い、運命の歯車が動き出す。

ネタバレなしの感想

純粋に読めば挫折して立ち上がり何のために絵を描いていたのか?みたいな部分に光が当たると思うのですが、個人的には影の部分が好きです。

マイホームヒーロー

マイホームヒーロー
おすすめ度
著者山川直輝・朝基まさし
巻数連載中

あらすじ

1人暮らしを始めた娘の顔には、殴られたようなアザがあった。どうやら付き合っている男に殴られたようで、その男は半グレ組織の一員だった。サラリーマンの父は、娘を救うためにその男を殺害し隠蔽する。しかし、組織に目をつけられた父は巻き込まれていき・・・

ネタバレなしの感想

ミステリー小説から得た知識を使って父が機転を利かせながら上手く立ち回るのですが、事態が思わぬ方向へ転がっていき、読んでいて正直疲れます。それくらいドキドキハラハラする面白い作品です。

ココロのプログラム

ココロのプログラム
おすすめ度
著者中村ひなた
巻数全4巻

あらすじ

少年・宇佐美九の元へやってきたの人型ロボット・いちこ。人の「心」を学ぶため一緒に暮らすことになった。宇佐美家の隣で暮らすのは、幼馴染の入江愛。愛は、真っ直ぐで優しい九に恋心を抱いていた。一方、九もまたロボットのいちこに抱く感情に変化が。

ネタバレなしの感想

単純な三角関係ではなく、そこに「ロボット」を入れるのがめちゃくちゃ良い!純真無垢な「いちこ」に光を当てることで、人間の複雑な心が上手く表現されることもあれば、人間の成長に光を当てることで「心」がないはずのいちこに切なさが感じられて最高です。

おやすみプンプン

おやすみプンプン
おすすめ度
著者浅野いにお
巻数全13巻

あらすじ

小学生のプンプンは憂鬱でした。なぜならミヨちゃんが転校してしまうからです。ミヨちゃんがいなくなってしまい月曜日がつまらなくなりました。しかし、今日転校生がやってきました。田中愛子ちゃんです。プンプンは、一目惚れしました。

ネタバレなしの感想

小学生のプンプンが成長していく過程で培っていく自己嫌悪や孤独といった感情が上手く描かれています。そして周りの子供たちも、大人たちもそれぞれ何かを抱えていて生きています。読んでいて苦しくなることもありますが、人間の複雑な感情をここまで表現できるのは素晴らしい。

ヒカルの碁

ヒカルの碁
おすすめ度
著者ほったゆみ・小畑健
巻数全23巻

あらすじ

じーちゃんの蔵を漁っていると古びた碁盤を見つけたヒカル。碁盤には血のような跡が。すると突然ヒカルの目の前に平安の天才棋士・藤原佐為の霊が現れた。彼の「神の一手を極めたい」という願いを叶えるため、ヒカルは囲碁の世界へと足を踏み入れる。

ネタバレなしの感想

ヒカルの碁をきっかけに囲碁に興味を持ち、最終的にはヒカルの碁の囲碁ゲームを買ってまで遊ぶほど熱中させられてしまった作品。囲碁を題材にしていますが、この作品の軸は人間ドラマだと思います。ヒカルの成長はもちろん、この物語のラストシーンは「そう来るのかぁ・・・」と鳥肌が立ちました。

九条の大罪

九条の大罪
おすすめ度
著者此元和津也
巻数真鍋昌平

あらすじ

弁護士の使命は社会正義の実現と人権擁護だ。ヤクザや半グレなど顧客を選ばず依頼を引き受ける弁護士・九条間人(くじょうたいざ)。彼に一般的な常識やモラルは通用しない。ただただ「手続きを守るため」に、警察を敵に回してでも淡々と役割を果たしていく。

ネタバレなしの感想

闇金ウシジマくんの作者が描いた、ダークヒーロー的な存在の弁護士を主人公にした作品。相変わらず自分の知らない世界がリアルに描かれており、最高に気分が悪くなる。気分が悪くなるのにページをめくる手が止まらない。力ある者が勝つ弱肉強食の世界で、知を活かしつつ正義に染まることは決してない弁護士。魅力を感じてしまう。

おすすめ
SF・ファンタジー漫画


ドキドキ・ハラハラ・ワクワクの世界観

彼方のアストラ

彼方のアストラ
おすすめ度
著者篠原健太
巻数全5巻

あらすじ

西暦2063年。ケアード高校の生徒たちは、惑星キャンプへと出発する。生徒たちだけで惑星マクパで5日間過ごすというもの。この日、無作為に集められた9人のB5班はマクパへと旅立つ。しかし、そこで謎の光に飲み込まれてしまう・・・。気が付くとB5班全員は、宇宙空間へ放り出されてしまっていた。

ネタバレなしの感想

たまたまあった宇宙船に逃げ込み、生徒たちは帰還を目指すのですが、物語が進むに連れて想像していたものとは違う方向へ転がっていきどんどん面白くなる作品。篠原先生らしく笑いとシリアスな展開がテンポよく進むため読んでいて飽きません。

山羊座の友人

山羊座の友人
おすすめ度
著者乙一・ミヨカワ将
巻数全1巻

あらすじ

僕の家は高台にあり、2階部分だけ強い風が当たる。そんな2階にある僕の部屋のベランダには毎朝大量の落ち葉が。そして落ち葉にまぎれてゴミも。そんなゴミの中にあったのは新聞の切れ端。日付は来月。記事の内容は殺人事件。もし本当なら未来に起こる事件ということになる。そして今日、僕が通う高校で事件が起きた・・・

ネタバレなしの感想

高校の同級生でいじめられている子と重なる未来の新聞記事。主人公の松田ユウヤは「いじめ」を見てみぬフリをしていたが・・・。助けることができなかった彼をもう1度助けたい。その想いで動き出すわけですが、とにかくセリフの言い回しや間が良く、設定も素晴らしい。

スピリットサークル

スピリットサークル
おすすめ度
著者水上悟志
巻数全6巻

あらすじ

中学2年生・フータの教室に転校生がやってくる。名前は、石神鉱子。彼女の額には額には大きな傷がある。その傷を隠すことなく堂々とした振る舞いにフータは見惚れてしまう。フータは石神の後ろにいる霊に気付く。実はフータには「視える力」があった。フータの力に気付いた石神は、フータの命を狙う・・・?

ネタバレなしの感想

この物語は前世と今を行ったり来たりするのですが、物語が進むにつれてどんどん壮大になっていきます。読めば読むほど面白い漫画。

ゾン100

ゾン100
おすすめ度
著者水上悟志
巻数連載中

あらすじ

会社に行きたくない。天童輝は憧れていた世界を夢見て制作会社へ入社するも、そこはブラックだった。寝る暇もない生活が続き3年目。今日もゴミだらけの部屋の扉を開けて出社・・・のはずが世界はゾンビで溢れていた。ゾンビに襲われそうになった天童は歓喜する。これで今日から会社に行かなくていいんだ。

ネタバレなしの感想

ゾンビによって日常が崩れ去ってしまった・・・ではなく、ブラック企業で働き毎日ゾンビのような生活をしていた人間がゾンビの世界に歓喜するという切り口が素晴らしい。ゾンビの世界で楽しく暮らす天童に読んでいて笑ってしまいます。

サマータイムレンダ

おすすめ度
著者田中靖規
巻数全13巻

あらすじ

幼馴染の潮が溺れて亡くなった。葬儀に参加するため、故郷の島に帰ってきた慎平。そこで慎平は潮の首に締められた跡があることを知る。さらに亡くなる3日前には潮にそっくりな人が?この島に伝わる影の病とは。

ネタバレなしの感想

離島で季節は夏という爽やかな匂いがしてきそうな舞台でハラハラドキドキさせられるサスペンス漫画。物語の設定としては現実味がないものの、展開に関係がある部分もない部分も細かく作られており、リアルな感じが伝わってきます。このリアルさとサスペンス要素と舞台すべてが噛み合っていて気持ちが良い。

龍とカメレオン

龍とカメレオン
おすすめ度
著者石山諒
巻数連載中

あらすじ

天才漫画家・花神臥龍。自分の作品に一切妥協することはなく、代表作である「ドラゴン・ランド」も大ヒット。一方、作風を完コピできるカメレオンの異名を持つアシスタントの深山忍。そんな2人はある日、身体が入れ替わり・・・

ネタバレなしの感想

天才漫画家の花神と、作者の作風を完コピできる才能はありつつも、オリジナリティに欠けてしまい「モブ」として生きる深山。性格も対照的。そんな2人が入れ替わり、天才漫画家という地位を手に入れた深山と、モブという殻を破ろうとする花神の漫画バトルは読んでいてワクワクしてきます。

おすすめ
ギャグ・コメディ漫画


読んで笑える。気分が晴れる。

日常

日常
おすすめ度
著者あらゐ けいいち
巻数連載中

あらすじ

女子高生のゆっこは、明るい性格。ゆっこの友達のみおちゃんはツッコミセンス抜群。まいちゃんは天然だけど面白い。そしてロボットの女子高生。空からはこけしが降ってきた!そんな日常。

ネタバレなしの感想

あらゐ先生の世界観に浸りながら、非日常の中にある実際にありそうな日常を楽しめる作品です。何が面白いのか言語化するのが難しいのですが、勢いと登場人物たちの何かに心をくすぐられます。

ウィッチウォッチ

ウィッチウォッチ
おすすめ度
著者篠原健太
巻数連載中

あらすじ

予言によると魔女のニコには、1年以内に災いが起きるとか・・・。鬼の力を持つもリヒトはニコを守るため同居を始める。そして他にも愉快な仲間たちがたくさん登場する学園コメディ。

ネタバレなしの感想

前作の「スケットダンス」も好きだったのですが、個人的には今作の方が好き。セリフの言い回しやツッコミなどお笑い好きの人ほど刺さる作品です。

おすすめ
青春・学園漫画


学校を舞台に繰り広げられる「青春」

青のフラッグ

青のフラッグ
おすすめ度
著者KAITO
巻数全8巻

あらすじ

いつから変わってしまったのだろう。どこか達観している高校3年生の太一。そんな太一とは正反対で、背が高くスポーツもできる幼馴染のトーマ。そんなトーマに恋心を抱くのは、太一と同じく背の小さな女子の二葉。どんくさくていつも俯いている。まるで自分のように・・・。そんな高校3年生の青春と心の葛藤を描いた作品。

ネタバレなしの感想

最初は爽やかな青春学園物語だと勝手に思い込んで読んでいたのですが、読み進めていくと後頭部を殴られたかのような衝撃を受けた作品。憧れや嫉妬に嫌悪感など複雑な感情に向き合えない人、向き合いつつある人、隠している人。登場人物たちが選んだ答えをぜひ読んでほしいです。

君は放課後インソムニア

君は放課後インソムニア
おすすめ度
著者オジロマコト
巻数全14巻

あらすじ

眠れない。眠れないから余計に不安とイライラで眠れない。そしてまた朝が来て絶望する。不眠に悩むガンタは、文化祭の準備で今は存在していない天文部の部室に足を踏み入れる。そこは秘密基地のようになっており、昼寝をするには最適だった。ふと横を見ると同じクラスの女子イサキが寝ていた。彼女もまた不眠に悩まされていた。

ネタバレなしの感想

2人の共通点である「不眠」をきっかけに仲良くなり、そして天文部が復活します。夜に眠れない2人と夜にしか見えない星という組み合わせの切り口。最高ですよね。そしてこの何とも言えない青春に「あぁ・・・この漫画最高だ」ってついつい良い意味で思わずため息をついてしまいます。

セトウツミ

セトウツミ
おすすめ度
著者此元和津也
巻数全8巻

あらすじ

高校生の瀬戸は、暇をつぶすために。同じく同級生の内海は塾までの時間をつぶすために。今日も学校が終わると河川敷に集まり、2人の爽快でコミカルな関西弁トークが始まる。

ネタバレなしの感想

漫才が好きな人ほど、どっぷりとハマってしまう作品だと思います。ギャグ漫画か?というと少し違っていて、とにかく2人が喋り倒すという感じ。これを漫画で表せているところが凄い。

おすすめ
スポーツ漫画


負けられない試合。熱い展開。挫折。成長。

アイシールド21

アイシールド21
おすすめ度
著者稲垣理一郎・村田雄介
巻数全37巻

あらすじ

気弱なセナは、高校で不良生徒たちのパシリをしていた。ある日、アメフト部主将のヒル魔は、不良に絡まれ逃げるセナを目撃。セナの飛び抜けた脚力を気に入ったヒル魔は、選手として無理やり入部させる。こうしてセナのアメフト部員としての物語が今始まる。

ネタバレなしの感想

当時アメフトに興味が全くなかったのですが、物語の構成と見せ方に惹かれて読んでいました。気づいたらアメフトのルールを覚えていたほど。ルールを知らない人間にここまで面白いと思わせてしまうスポーツ漫画は他にあるでしょうか。

おおきく振りかぶって

おおきく振りかぶって
おすすめ度
著者オジロマコト
巻数連載中

あらすじ

みんな、俺のせいで野球が楽しくなかったよね。中学時代、三橋はエースだった。しかし、祖父の経営する中学だったということもあり、周りから陰口を叩かれ嫌われていた。自分に自信がない三橋はみんなとは違う他県の高校へ。そこで三橋の隠れた実力に気づいてくれた捕手の阿部と出会う。

ネタバレなしの感想

野球を題材にした漫画ですが、どちらかといえば人間関係だったり心の動きみたいなものを楽しむ漫画かなと。個性豊かな部員たちや三橋の関係性の変化や成長を楽しめる作品です。

おすすめ
歴史・科学漫画


特定の時代や場所を舞台に
生きた人々

チ。

チ。
おすすめ度
著者魚豊
巻数全8巻

あらすじ

15世紀のヨーロッパ。異端思想の者は、拷問され火炙りに処された時代。天動説が当たり前のように信じられていたこの世界で、異端と見なされる「地動説」を支持する者たちがいた。彼らは命がけで真実を追い求める・・・。

ネタバレなしの感想

信じたいから信じ、神や宗教という縛りがあるなかで、今の言葉で言うなら「逆張り」をしている人たちのもがく姿が熱い。そしてこの作品の面白いところは、届かなかった夢の儚さをちゃんと感じ取れるところ。

満州アヘンスクワッド

満州アヘンスクワッド
おすすめ度
著者鹿子・門馬司
巻数連載中

あらすじ

昭和12年。関東軍の兵士として満州の地へ降り立った日方勇。戦地で片目の視力を失ってしまったことをきっかけに農業義勇軍に配属される。そんなある日、母の病をきっかけに勇は「アヘン」の密造に手を染める。

ネタバレなしの感想

兵士として満州にやってきたはずが、気づけば裏の世界へ足を踏み入れてしまった主人公。そして、アヘンで狂っていく世界が恐怖。そして次々襲ってくるピンチにもドキドキが止まらない。

特攻の島

特攻の島
おすすめ度
著者佐藤秀峰
巻数全9巻

あらすじ

昭和19年9月。サイパンは堕ち、米軍による本土への空襲が始まった。日本はこの逆境を乗り越えるため新たな兵器が考案される。その名は「回天」、1度搭乗すれば生還することはできない人間魚雷。巨大な鉄の棺桶である。少年たちは自ら志願し、この回転に乗り込む・・・。

ネタバレなしの感想

まず圧倒的な画力に背筋がゾッとするほど引き込まれます。そして、登場人物たちの心情や葛藤も描かれており全員が全員同じ方向を指しているわけでもないところも良い。主人公の渡辺もその中の1人。終盤にかけて心境の変化の仕方もリアルです。

コメント

コメントする

目次