Audibleの評判は?気になるメリット・デメリットを解説

Audibleの評判は?気になるメリット・デメリットを解説

総合評価

月額料金

1,500円

対象作品

約12万冊

聴き放題対象オフライン再生ユーザー
幅広いジャンル対応誰でも使いやすい
聴き放題プラン販売価格
月額1,500円1冊あたり2,500円前後

幅広いジャンルの本が聴き放題対象になっていることから、老若男女問わず幅広い年代の人が使いやすいオーディオブック。ビジネス書を聴きたい方や小説の世界観を楽しみたい人におすすめ。

ジャンルの幅が広い反面、全体的に聴き放題対象のコンテンツが広く浅くという印象。人によっては、物足りなさを感じてしまうかもしれない。また、月額1,500円というのがやや手を出しにくいかも?

audibleの基本情報

audible(オーディブル)
配信元Amazon
月額料金1,500円
聴き放題対象作品約12万冊
初回無料30日間
HPhttps://www.audible.co.jp/

Audible(オーディブル)とは、Amazonが提供するオーディオブックサービス。

オーディオブックとは、一般的に売られている書籍をプロのナレーターが朗読してくれるというもの。ユーザーは耳で読書を楽しむことができます。

月額1,500円で会員になることができ、audibleで配信されているオーディオブックの中から約12万冊を聴き放題で利用することが可能。

audibleの評判

メリット幅広いジャンルの本が聴き放題の対象
オーディオブックならではの世界観
隙間時間に読書を楽しめる
デメリットジャンルの幅は広いが中身は浅い
気が散ってしまったときに置いていかれる
ナレーターが合わないと感じる場合も

メリット

幅広いジャンルの本が聴き放題の対象

audibleの魅力は、聴き放題の対象に選ばれているオーディオブックのジャンルの幅が広いということ。

小説やビジネス書、経済に語学などの本が聴き放題なので、老若男女問わずどの層にも利用しやすいオーディオブックサービスと言えます。

聴き放題対象のジャンル

ビジネス書 / 自己啓発 / 資産・金融 / 政治学・社会学 / 文学・フィクション / ミステリー / SF・ファンタジー / エンタメ / ラノベ / 教育・学習 / 歴史 / 語学学習 / 児童書 / 科学など

オーディオブックならではの世界観

小説など本に世界観がある作品とオーディオブックの相性は抜群。

プロのナレーターによる朗読は、普段本を自分で読んでいるときは違う世界観があり、本とも映像作品とも違う独特のモノがあります。

隙間時間に読書を楽しめる

音楽を聴くように読書をすることができるため、通勤・通学のときや運動中、お風呂のときなど隙間時間を活用して読書を楽しめます。

本の目次から聞きたい箇所まで飛ぶこともできるため「今日は気になるここの章を聞こう」なんて使い方もできます。

デメリット

ジャンルの幅は広いが中身は浅い

audibleの聴き放題で配信されているオーディオブックのジャンルの幅は広いのですが、どちらかと言えば広く浅くという印象。

よほど本好きでもない限り満足いくラインナップではあると思いますが、特定のジャンルの本を沢山聴きたい人にとっては物足りないと感じるかもしれません。

気が散ってしまったときに置いていかれる

オーディオブックの難しいところは、気が散ってしまったときにすぐ気づけるかどうか。

本であれば気が散っていることにすぐ気づけますが、オーディオブックは気が散っていることに気づかない場合があります。そして気づいたら話に置いていかれている・・・と。

ナレーターが合わないと感じる場合も

オーディオブックの作品によっては「この声は作品と合わないなぁ・・・」と感じてしまうこともあるはずです。つまり聴いている側の好き嫌いの話

この辺は、オーディオブックの難しいところ。

audibleとaudiobook.jpを比較

audibleとaudiobook.jpを比較

対象のオーディオブックが聴き放題のサービスは「audible」以外にも「audiobook.jp」というサービスがあります。比較するとこんな感じ。

スクロールできます
Audible
オーディブル
audiobook.jp
オーディオブック.jp
月額料金1,500円1,330円
(年間プランなら約833円)
対象作品約12万冊約1.5万冊
ジャンル幅広いビジネス書が豊富
おすすめポイント様々なジャンルのオーディオブックが聴き放題だから使いやすい通勤中やインプットの時間として活用したいビジネスパーソン向け
無料体験期間30日間14日間
公式サイトaudibleを開くaudiobook.jpを開く

オーディオブックで何を聴くのか?何を求めるのか?で利用するサービスを選ぶ必要があります。

初めてオーディオブックを利用するからまずは色んなジャンルの本に手を出してみたいという方は、audibleを選んでおけばOK。

audibleは、どんな人におすすめ?

audibleはこんな人におすすめ

audibleを利用すべきか迷っている。という方に向けて、いくつか利用してみる価値があるケースをピックアップして紹介。

色んなジャンルの本に手を出したい人

audible以外にもオーディオブックが聴き放題のサービスはいくつかありますが、色んなジャンルのオーディオブックを聴きたい。試してみたい。という方は、audibleがおすすめ。

忙しくて本を読む時間がない人

本を読みたい。インプットする時間が欲しい。でも読書をする時間がない。という忙しい人であれば、移動中や寝る前などの隙間時間を活用してaudibleを利用してみるのもアリ。

本を読むのが苦手な

読書は大切と分かっているけど本を読むのが苦手・・・という人は、1度オーディオブックを試してみる価値はあります。意外と読むより聴く方が得意ということも。

audibleの入会方法

STEP

公式サイトを開く

Audible公式サイト

Audibleの公式サイトを開いたら「30日間の無料体験を試す」をタップ。

STEP

Amazonのアカウントでログイン

Amazonアカウントでログイン

普段使用しているAmazonのアカウントでログイン。アカウントを持っていない方は、Amazonのアカウントを作成する。

STEP

無料体験を試す

Audible30日間の無料体験を試す

「30日間の無料体験を試す」をタップ。

STEP

無料体験の申し込みが完了

Audibleの無料体験の申し込み完了

無料体験の申込みが完了すると、その日から30日間無料でaudibleを利用することができます。

audibleの使い方・画面の説明

Audibleの使い方
本の目次を開くことができ、好きな場所へ飛ぶことができる
音楽アプリと同じように再生・停止・スキップ
再生速度の調整
ドライブモード。必要最低限のボタンのみ表示されるようになる
時間を設定し、自動的にオフになる機能。眠りながら聴きたい人などにおすすめ
記録として残しておきたい箇所やメモを追加できる

audibleに関するよくある質問

Amazonプライム会員だとaudibleがお得になる?

残念ながら現在Amazonプライム会員の特典にaudibleは含まれません。しかし、定期的にプライム会員向けにaudibleがお得に利用できるキャンペーンが開催されることがあります。

audibleはオフライン再生に対応していますか?

対応しています。事前にWi-Fiなどのネット環境がある場所で好きな作品をダウンロードしておくことで、通信量を気にせずオフラインで聴くことができます。

audibleのコインとは何ですか?

聴き放題になる前は、コインを採用していましたが現在は廃止。audibleのコインについて詳しくはこちら(audibleのコイン廃止)をご覧ください。

audibleの退会方法を知りたい

audibleの退会手順についてはこちら(audibleの退会手順)で紹介しています。

audibleの評判まとめ

Audible(オーディブル)

オーディオブックサービス
audible(オーディブル)

総合評価
3.5

料金 | 作品数 | 使いやすさ

月額料金1,500円
無料体験30日間

幅広いジャンルの本が聴き放題対象になっていることから、老若男女問わず幅広い年代の人が使いやすいオーディオブック。ビジネス書を聴きたい方や小説の世界観を楽しみたい人におすすめ。

ジャンルの幅が広い反面、全体的に聴き放題対象のコンテンツが広く浅くという印象。人によっては、物足りなさを感じてしまうかもしれない。また、月額1,500円というのがやや手を出しにくいかも?

目次
目次
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次