▷ Amazon Prime Day情報まとめ
【2023】電子書籍が読み放題のサブスクサービス6選【無料体験付き】

【2023】電子書籍が読み放題のサブスクサービス6選【無料体験付き】

毎月定額の料金を支払うことでサービスを受けられるサブスクが当たり前の時代。

実は、電子書籍にもサブスクのサービスがあります。

今回は電子書籍が読み放題のサブスクサービスを紹介しつつ、後半では漫画・雑誌・ビジネス書といったジャンル別におすすめのサービスをまとめています。

電子書籍の読み放題サービスをお探しの方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

電子書籍が読み放題サブスクサービス

それでは、電子書籍が読み放題のサブスクサービスを紹介していきます。

それぞれジャンル別(属性別)に紹介していきます。

Kindle Unlimited

Kindle Unlimited
総合評価
取り扱いジャンル小説・ビジネス書・雑誌・技術書・漫画など
月額料金980円
無料体験期間初回30日間無料
公式サイトKindle Unlimited
  • 色んなジャンルの本を読みたい人におすすめ
  • ビジネス書が豊富に揃っている
  • 1冊あたりの価格が高い技術書や語学本などもある
  • 小説や漫画だけを目的に加入すると物足りないかも
  • ジャンルは豊富だが広く浅くというイメージ

Kindle Unlimitedって実際どんな感じなの?と気になる方は、こちらの記事(Kindle Unlimitedの読める本は少ないのか?)をご覧ください。

コミックシーモア

コミックシーモア
総合評価
取り扱いジャンル漫画・雑誌・ライトノベル
月額料金780円 / 1,480円
無料体験期間初回7日間無料
公式サイトコミックシーモア
  • 漫画を中心にラノベなど様々なジャンルがある読み放題サービス
  • 月額780円と1,480円の2コースが用意されている
  • 少年・少女・青年・女性漫画などカテゴリーも豊富
  • 漫画作品によっては途中から有料課金が必要なものがある

BOOK WALKER

BOOK WALKER
総合評価
取り扱いジャンル漫画・漫画誌 / ラノベ・文庫本
月額料金836円
無料体験期間初回1ヶ月無料
公式サイトBOOK WALKER
  • KADOKAWAグループ傘下の子会社が運営するサービス
  • 漫画・漫画誌とラノベ・文庫本が読める2つのコースがある
  • 週刊漫画TIME・ヤングキングやファミ通などの漫画誌が読める
  • 漫画とラノベ両方を読みたい人は2つのコースを加入する必要がある

楽天マガジン

楽天マガジン
総合評価
取り扱いジャンル雑誌
月額料金418円
無料体験期間初回31日間無料
公式サイト楽天マガジン
  • 雑誌に特化した読み放題サービス
  • 1,000誌以上という圧倒的なボリューム
  • 楽天ポイントが貯まる
  • 出版社の意向によっては閲覧できないページがある

Prime Reading

Prime Reading
総合評価
取り扱いジャンル小説・ビジネス書・雑誌・技術書・漫画など
月額料金500円
無料体験期間初回30日間無料
公式サイトPrime Reading
  • Amazonプライム会員の特典の1つ
  • Kindle Unlimitedの中から数百冊ほどが読み放題
  • Amazonの配送料無料や映画ドラマ見放題といった特典もある
  • Prime Readingだけを目的に加入する場合はおすすめしない

U-NEXT(ユーネクスト)

U-NEXT(ユーネクスト)
総合評価
取り扱いジャンル雑誌・漫画
月額料金2,189円
無料体験期間初回31日間無料
公式サイトU-NEXT
  • 雑誌が読み放題・漫画は有料で販売
  • 毎月1,200円分のポイントが付与されるため約2冊分の漫画を買える
  • 映画・ドラマ・アニメの動画が見放題
  • 映像コンテンツに興味のない方にとっては月額料金が高い

ジャンル別おすすめ電子書籍読み放題サービス

サブスクの電子書籍読み放題サービスをジャンル別に分けたものがこちら。

それぞれジャンル別(属性別)に紹介していきます。

漫画を読みたい人向け

スクロールできます
読み放題サービス月額料金特徴
コミックシーモア780円 / 1,480円様々なジャンルの漫画を取り揃えており男女問わず楽しめる
BOOK WALKER836円月刊や週刊の漫画誌も読み放題の対象というのは魅力的

漫画のサブスクというのは少し難しく、いわゆる王道の漫画(ジャンプ作品など)が読み放題というのは現時点でありません。

その中でもまだ世に出ていない漫画作品や実はすでにコアなファンは付いているような作品に出会えるというのが漫画読み放題サービスの魅力です。

雑誌を読みたい人向け

スクロールできます
読み放題サービス月額料金特徴
Kindle Unlimited980円基本的に雑誌ページは全て読める
楽天マガジン 418円取り扱い雑誌が豊富で安く、楽天ポイントが貯まる

雑誌が好きという方や毎月数冊の雑誌を購読している方ですと、気になるのが雑誌代。

立ち読みするまでは・・・と思いつつ、パラパラと色んな雑誌を横断するように読みたいなら雑誌のサブスクがおすすめです。

また、雑誌や出版社によっては過去のバックナンバーも読むことも可能。

ただし、注意点が1つ。電子書籍の雑誌というのは一部ページが閲覧できないケースがあり、そこは紙の雑誌とは異なります。

ビジネス書を読みたい人向け

スクロールできます
読み放題サービス月額料金特徴
Kindle Unlimited980円ビジネス書の中でも幅広く本を扱っており、話題の本なども読める
flier0円 〜 2,200円ビジネスマン向けの本要約サービスで1冊あたり10分で読める

ビジネス書が読み放題のサブスクサービスというのは少なく、現時点でおすすめできるのはKindle Unlimitedのみです。

ビジネス書といっても様々な角度から書かれた本があります。そういった本をKindle Unlimitedでは、幅広く取り扱っているのでビジネス書好きにはたまらないでしょう。

また、読み放題とは少し異なりますがおすすめなのがflier(フライヤー)というサービスです。

こちらはビジネスマン向けに、ビジネススキルや教養を身につけるための本を、1冊あたり10分程度で理解できるようにした要約サービスとなっています。

詳しくはこちら(1冊10分で読める要約サービスflierとは?)で解説しています。

電子書籍+αを求めている人向け

スクロールできます
読み放題サービス月額料金特徴
Prime Reading500円Amazonの配送特典・映画ドラマが見放題・音楽聴き放題など豪華特典が満載
U-NEXT 2,189円毎月1,200円分のポイントが付与されるため、最新作の漫画などを毎月2冊ほど買えてお得

電子書籍読み放題サービスを利用しつつ、他にも特典が欲しい方向けとなっています。

Prime Readingは、Amazonの有料会員プログラムであるプライム会員の特典の1つ。普段からAmazonを利用されている方やプライム・ビデオといったAmazonサービスを利用されている方におすすめ。

U-NEXTは、雑誌のみ読み放題の対象。ですが、毎月1,200円分のポイントが付与されるため漫画などの電子書籍を購入できるというのが魅力。

雑誌を読みつつ映画やドラマを楽しみ、毎月2冊ほど漫画を買うなんて使い方ができるというわけですね。

電子書籍読み放題のメリット・デメリット

電子書籍読み放題サービスのメリットとデメリットについてまとめていきます。

メリット
  • 普段読まないような本も気軽に手にとって読める
  • 1ヶ月分の料金で読みたい作品を一気に読んだらお得
  • 雑誌の場合、過去のバックナンバーを読めることがある
  • 自宅で漫画喫茶やネットカフェのように楽しめる
  • 外出先でも暇つぶしの道具として使える
デメリット
  • 漫画の場合、途中から読み放題対象作品がある
  • 雑誌の場合、出版社や雑誌によっては閲覧できないページがある

電子書籍読み放題サービスを利用する上での注意点

電子書籍読み放題サービスを初めて利用される方や、電子書籍を初めて読むという方向けに注意点がいくつかあります。

無料体験が終了すると自動更新

電子書籍読み放題サービスの無料体験が終了すると、基本的に自動更新によって料金が発生します。

例えば月額500円のサービスだった場合、無料体験が終了と同時に月額500円が発生し、有料会員へと移行します。

サービスを継続して利用するつもりであれば構いませんが、無料体験だけ利用するつもりの場合は、無料体験期間中に解約をしておきましょう。

雑誌を読む場合はタブレットがおすすめ

電子書籍の雑誌を読む場合は、スマホでは文字が小さいというケースがあります。

タブレットのサイズは最低でも8インチは欲しいところで、10インチあたりあれば快適に読むことができます。

まとめ

このページでは、電子書籍が読み放題のサブスクサービスを紹介しました。

電子書籍読み放題サービス
  • Kindle Unlimited
  • コミックシーモア
  • BOOK WALKER
  • 楽天マガジン
  • Prime Reading
  • U-NEXT(ユーネクスト)

ぜひ自分の使い方に合ったサービスを見つけて、お得に使ってみてください。

コメント

コメントする

目次