少年ジャンプ+で読める面白いオススメ読み切り作品

少年ジャンプ+で読めるおすすめ読み切り作品

「少年ジャンプ+」で掲載されている1話完結型の読み切り作品の中から、YOMUDAKEがおすすめする作品を紹介。


目次

少年ジャンプ+で読めるおすすめ読み切り作品

スクロールできます

おすすめ度:5

ロッカールーム

ロッカールーム
おすすめ度
著者鈴木祐斗

あらすじ

日雇い労働の男は、ある不思議なロッカーと出会う。そのロッカーは、何でも願いを叶えてくれるという。男は、ロッカーの前に立ち小さな幸せを叶え始め・・・

ネタバレなしの感想

鈴木祐斗先生らしく見せ方が上手すぎてすぐ引き込まれます。ちなみに世にも奇妙な物語で実写化された作品でもあるんですね。

あの部屋の幽霊さんへ

あの部屋の幽霊さんへ
おすすめ度
著者三崎しずか

あらすじ

何年経っただろうか。ずっとこの場所で立ち続けることしかできない幽霊の私。退屈だ。話すこともできない。そんな私は、この私のことが視える小夜子と出会う。

ネタバレなしの感想

成仏できない幽霊を主人公が解決しましたーみたいな作品ではありません。どこか冷たくて、どこか優しい作品で大好きです。

空飛ぶモグラ

空飛ぶモグラ
おすすめ度
著者森屋シロ

あらすじ

地上は酸性雨が降り続け、文明は滅び、人類は地下へと逃げ込んだ。そして今、地上の水は地下へと流れ込み1つの国が滅びようとしていた。逃げることが許されたのは限られた人のみ。

ネタバレなしの感想

主人公とその家族の「最後」を描いた作品なのですが、短いページの中でこれだけ話を広げられるなんて凄すぎます。

文を綴る

文を綴る
おすすめ度
著者海野久遠

あらすじ

転校生・大塚あやのが書く黒板の文字は、美しかった。そんな綺麗な文字に見惚れてしまった笹村は、あやのの存在が気になり始める。しかし、彼女には誰にも言えない秘密があった。その秘密とは?

ネタバレなしの感想

この作品のテーマというかオチを「字が綺麗」に落とし込むところが素敵でした。

花は死にたがる

花は死にたがる
おすすめ度
著者中村ひなた

あらすじ

12歳の春。花が好きな母が死んだ。葬式から持ち帰った花が枯れたとき、母が死んだ現実を突きつけてくるようで悲しかった。大学生になった僕は「枯れない花」を創るため研究に没頭していると・・・

ネタバレなしの感想

中村ひなた先生は、とにかく絵が透き通るように美しくて、登場人物達の表情や間の使い方が上手くて大好きです。

ヒーローコンプレックス

おすすめ度
著者タイザン5

あらすじ

リレーの選手に選ばれないことがないくらい足が速かった兄の景。将来は五輪の選手に。一方、弟は内気で真逆の性格だった。そして今、兄の景は普通のサラリーマン。弟は人気漫画家になっていた。

ネタバレなしの感想

家庭でも中心にいた兄と、内気で1歩引いていた弟の立場が逆転することで兄は色々考えてしまうわけですね。そしてセリフの位置にも注目してほしい作品です。

おすすめ度:4.5

風の音を響かせて

風の音を響かせて
おすすめ度
著者双葉ヤヒコ

あらすじ

女子高生のミサキは、ある日突然50mを3秒で走れる身体になってしまった。そして今では全速力で走れば2秒台。そんな彼女にはある夢があった。その夢を叶えるため、親友の橘ルカは、ミサキを連れ出して協力することに。

ネタバレなしの感想

最初の数ページ読んだときは、どんなオチに繋がるのか気になったのですが、めちゃくちゃ爽やか青春物語でした。最高。

フツーに聞いてくれ

フツーに聞いてくれ
おすすめ度
著者藤本タツキ / 遠田おと

あらすじ

好きだった女子に告白。告白の曲をYouTubeにアップロードした主人公。その女子は告白動画をラインで拡散。学校中で告白の曲はネタにされて笑われてしまう。しかし、この動画をきっかけに陰謀論へと巻き込まれていく。

ネタバレなしの感想

最後のオチを見ると唯一フツーに聞いてくれたのは・・・いや、考察せずにフツーに読んでくれと言われそうなのでやめます。

BLACK

BLACK
おすすめ度
著者

あらすじ

怪物を倒すために作られた二足歩行型太陽光線砲台「HOPE」。HOPEのパイロットに憧れ就職活動をしていた羽黒普は、現在HOPEの部品工場で休みなく働く生活。そんな羽黒普は、あまりの忙しさと環境に絶望する。

ネタバレなしの感想

光が強すぎるこの世界。濃くなっていく影にスポットを当てたこの作品。最終的にこの物語の主人公が選んだ答えとは・・・

骸区

おすすめ度
著者鈴木祐斗

あらすじ

舞台は廃ビルが並び、事件が多発するガラ区。組の金庫から消えた400万の責任を取らされた男は、チンピラに絡まれる1人の老人と出会う。その老人は、刀を握ったまま寝ているのか起きているのか分からない様子だが・・・

ネタバレなしの感想

鈴木祐斗先生が描く、静と動のメリハリが個人的にめちゃくちゃ好き。ピタッと止まる瞬間からガッと動き出すこの間と構図が爽快感あります。

世界のおわりのペンフレンド

世界のおわりのペンフレンド
おすすめ度
著者岩田雪花・松浦健人

あらすじ

私が6歳のときに、災害が起きて世界は滅びかけていた。あちこちに瓦礫の山があるこの世界で生きる私には「私の遊園地」があった。小さな文房具店にある試し書きの紙に、私が好きだったキャラクターを描いていると・・・

ネタバレなしの感想

文房具店に置いてある試し書きの紙に女の子が描いたあるキャラクターをきっかけに物語が動くわけですが、こんな綺麗な終わり方があるでしょうか。

シバつき物件

おすすめ度
著者大森えす

あらすじ

新築1LDKで風呂・トイレ別。家賃は4,800 円。入居条件は幽霊と同居可能な方。そんな幽霊の正体は・・・柴犬のむうちゃん。除霊は可哀想だからと言う大家。魅力的な物件だが犬が苦手な百瀬は、むうちゃんを成仏させることに。

ネタバレなしの感想

個人的にこういった作品はあまり好まないのですが、柴犬が好きなのでついつい読んでしまった。柴犬の可愛さはもちろん、ジャンプらしい展開もあって面白かった。柴犬好きは絶対読んでほしい!

おすすめ度:4

パシリメシ

パシリメシ
おすすめ度
著者五月十三日

あらすじ

姉が2人いる僕は、男友達と気が合わなかった。しかし、中2の夏休みに僕は不良に憧れる。学校でそれっぽい人たちに近づいて不良を目指すも・・・気付いたらパシリになっていた。

ネタバレなしの感想

少年の男友達とは気が合わない部分や中学生の単純っぽさ、男らしい部分といった様々な心理が1コマ1コマから伝わってきて好き。

美術部の上村が死んだ

美術部の上村が死んだ
おすすめ度
著者三崎しずか

あらすじ

美術部の上村は死に、そして葬式で突然生き返る。しかし、彼は生前とは全くの別人の性格になっていて、どこか暗い様子。上村は「全てムダ」と感じ、部屋に引きこもり始める・・・

ネタバレなしの感想

読み終えたあと、上村に限らずみんな「最後」があるのに毎日勉強や仕事と「ムダ」なことしてるよなーと。

キスしたい男

おすすめ度
著者タイザン5

あらすじ

俺が運命的な恋に落ちたのは15の夏。テレビに映るアンジェリーナ・ジョリーの瞳に釘付けになった。。俺は彼女とキスをする夢を叶えるために、アメリカへ行く準備として100万円を貯める。

ネタバレなしの感想

タイザン5先生ということで、いつでも後ろから突き落とされる準備をしながら読んだわけですが、やっぱりちゃんと読者を救ってくれる・・・?

程遠い君の星まで

程遠い君の星まで
おすすめ度
著者ふせでぃ

あらすじ

就職活動の面接で、将来の目標を聞かれたユカは「117歳まで生きること」と答える。5年前、ユカは偶然にも宇宙人と出会い、そして宇宙人と共同生活を始めていた・・・。

ネタバレなしの感想

就活の面接で「117歳まで生きる」ことを夢と言ってしまうほど彼女の熱い想いは何か?
1人の女性の人生をぜひ読んでもらいたいです。

ドロドロと長い話

ドロドロと長い話
おすすめ度
著者十三野こう

あらすじ

700年前、ドロドロは地球を覆い人類は地下シェルターで生活をしていた。ある日、僕は初めてシェルターから地上に出て、空を見た。そして、1人地上で暮らす謎の少女と出会った。

ネタバレなしの感想

主人公の少年は、地上で出会った彼女の「存在理由」を知り、そして救うために人生をかけて研究をします。そして辿り着いた答えは・・・

土曜日0時1分

おすすめ度
著者西野彬秀

あらすじ

生き物を◯してはいけない。母は幼かった僕を叱った。高校生になった今は、何とか理性で我慢していた。そんな僕は決まった時間に別の男と身体が入れ替わるようになり・・・

ネタバレなしの感想

毎週土曜日に今と過去を生きる2人の男が時空を超えて入れ替わる話。途中で語りすぎてオチが読めてしまうと思うのですが、読み終えたあとに謎の喪失感があって印象に残る作品でした。

続く道 花の跡

おすすめ度
著者ななせ悠

あらすじ

コンピューターが生み出される以前。計算は人の手で行われていました。この計算をする人のことを「計算手」と呼び、女性たちは来る日も来る日も計算をしていました。そして、時代が進むに連れて機械で計算ができるようになり・・・そんな彼女たちの物語。

ネタバレなしの感想

今は無くなってしまった仕事にスポットを当てた作品。機械化によって自分たちの存在が否定されてしまう恐怖を描きつつ、どこか受け入れていく過程も描かれています。最終的に読者目線で確かにそこにいた何かを感じ取ることができる素敵な作品でした。

looking for

おすすめ度
著者本田三五

あらすじ

自分がこんなずるい人間だとは思わんかった・・・。突然學校の教室に入れなくなってしまった重野。保健室登校をする生活が始まる。なぜ教室に入れなくなってしまったのか?そしてそんな彼を優しく包み込むように接する保健室の先生。重野が抱える悩みとは?

ネタバレなしの感想

ストーリーの序盤までは、主人公にスポットが当たり続け「重野が抱える悩み」とは何なのか分からない。しかし、中盤あたりから重野の優しさと重野が吐き出した自分の弱さに読者は心を打たれるはず。

ユメの魔法

おすすめ度
著者久蔵バク

あらすじ

まほうのつえよ!きらきらぽん!おもちゃの杖を持ち、自分を魔法少女だと信じるユメちゃん。そんなユメちゃんは、自ら命を絶とうとする大人に出会う。その大人はブラック企業という魔界に縛られているようだ。敵を倒すため、ユメちゃんは魔界へ・・・?

ネタバレなしの感想

想像力豊かなユメちゃんが描く世界と、大人の世界が相まっていく感じが面白い。中盤まではユメちゃんの子供すぎた部分が描かれ、一方でその結果救われる大人がいたってのも良いなーと思いました。そして終盤には「杖」の役割が変わるのも良いですよね。

なんにもない なんでもない

なんにもない なんでもない
おすすめ度
著者藤野ハルマ

あらすじ

なんでうちらはピンピンコロリしちゃいけないの?中学へ行けなくなってしまった私。なにか理由があるわけじゃない。なんにもない。それなのになぜかしんどい。幸せだよ。多分私は恵まれている。なのに息ができなくなる。

ネタバレなしの感想

主人公が抱える見えないしんどさの逃げ場が、公園にいるおじいちゃんというのが良いですよね。そして「死」が遠い存在と近い存在のギャップも描かれていて、1つのテーマに対しての完成度が高かったです。

生徒と徒

生徒と徒
おすすめ度
著者下元朗

あらすじ

高校はいつか終わる。俺はいつか死ぬ。だからムカつく奴はぶっとばす。俺は何だってできるはずだから。不器用に今を生きる主人公。無駄かもしれない。何も残らないかもしれない。それでも今日が始まる。

ネタバレなしの感想

タイトルにある「徒」の漢字を調べた。徒(むだ / 無駄)・徒手(からて:自分の力以外頼るものがないこと)・徒ら(いたずら:無益な様子)と出てくる。まさにこの物語の主人公そのもの。そこにリコーダーというものをかけ合わせ、全てにあらがいながら過ぎていく日々の感じがたまらない。

おすすめ度:3.5

言葉は水滴みたいに

言葉は水滴みたいに
おすすめ度
著者黒川明

あらすじ

ある日、医師・亀田の元へ患者としてやってきたのは、7年前に離婚した元妻の清香。彼女はすでに結婚しており、新しい家庭を築いていた。そんな病院で再会した彼女は生存率30%の大病を患っていた。

ネタバレなしの感想

この物語は、直球勝負ではなく、ちょいちょいネタに走ります・・・。これは素直になれない2人を表現しているのだろうか。

OBE-体外離脱体験-

おすすめ度
著者神羊弱虫

あらすじ

人生は無意味なんだ・・・。人生を悟りつつも自分で終わらせることはできず、己の弱さを知った16歳の少年。そんな彼は「幽体離脱」に成功する。しかし、幽体離脱中に自分の身体を奪われてしまうことに。

ネタバレなしの感想

読んでいて心にグサグサくる作品で好きです。ただ、読む人によって好みは分かれそうではある

松本兄弟

松本兄弟
おすすめ度
著者渡部大羊

あらすじ

教室の隅で1人漫才の動画を見ている兼近と、性格が真逆でクラスの中心にいつもいる礼人。親の再婚をきっかけに、2人は突然兄弟になる。そして、両親の言い争いをきっかけに2人は漫才コンビを組むことに。

ネタバレなしの感想

2人の性格というかタイプが少しずつ逆転していく感じが、これまた漫才のネタっぽくて好きです。

不朽のミザール

不朽のミザール
おすすめ度
著者暗森透

あらすじ

世界的大富豪で収集家(コレクター)の男に捕らわれていたのは、不死者のミザール。不死の力を持つミザールをコレクションの1つとして扱っていた。ある日、大富豪の男とミザールはあることをきっかけに理解を深め合う・・

ネタバレなしの感想

長い年月生きていることで様々な経験をしたミザールは神や仏のように見えてきます・・・

恋する五分前仮説

恋する五分前仮説
おすすめ度
著者植下

あらすじ

図書委員の御室葉ちまき。3年生の宇川先輩に恋をする。もうすぐ卒業してしまう先輩を手紙で呼び出し、告白をするも断られてしまう。しかし、気付くと時間は5分前に戻っている。再び告白をするも断られ時間は5分前に。

ネタバレなしの感想

ループでも世界線が勝手に変わっていく系ってめずらしいのかなと。これと「偽り」の部分が上手く掛け合わされていてお見事。

最後の晩餐のお供

最後の晩餐のお供
おすすめ度
著者岸川瑞樹

あらすじ

俺の人生はくだらない。学校ではいじめられ、教師は助けてくれない。親も成績のことばかり・・・。俺は人生から退場するため、ロープと観たことがなかったAVを購入した。明日死ぬ。その前に購入したAVを再生するとそこには・・・

ネタバレなしの感想

結果的に主人公は助けるために選んだ決断と、生きるために選んだ決断が真逆なのも素敵。

木曜日のラジオスター

木曜日のラジオスター
おすすめ度
著者Fuki

あらすじ

1週間の中で木曜日が1番嫌いだ。なぜならお昼の12時を回ると、学校中に下手くそなラジオが流れるから。そして、声だけは「あの人」に似ているから。だから私はラジオをやめてもらうために、おたよりBOXにリクエストを送る。

ネタバレなしの感想

個人的にラジオが好きというのもあるのですが、しっかりとラジオの雰囲気を漫画で味わうことができました。お昼の教室に流れる校内ラジオっていう切り口も最高。

デッド・オア・ドライブ

デッド・オア・ドライブ
おすすめ度
著者村北火星

あらすじ

自動車の卒検に4回落ちている江ノ島。彼は運転に関する知識はあるものの極度の緊張によって事故を起こしてしまう。そして今日がラストチャンスの5回目の卒検。教習車を走らせていると、なぜか強盗が車に乗り込んできて・・・

ネタバレなしの感想

良い意味でぶっ飛んだ作品が大好きです。絵のタッチのゆるさと、アクシデントに巻き込まれていく登場人物たちの鈍感な感じが合っていて良い。世界観も好き。謎の無駄に飾らないオシャレも感じられる・・・はず。

恋の神様

恋の神様
おすすめ度
著者中西鼎 / 風呂

あらすじ

中村ユーキの初恋の相手・松凪サヤ。授業中や昼休みについつい目で追ってしまうほど。そんな彼女が亡くなった。途方に暮れながら帰っているとユーキの目の前に恋の神様が現れた。ユーキは自分の寿命と引き換えに彼女を助けることに。

ネタバレなしの感想

よくある展開だなと思いつつ、最終的にどこに着地するのか読んでいたのですが、最後で全部持っていったなという印象。タイトルの意味が前半と後半で意味が変わっているのかなと思ったり。

正しくない先輩

正しくない先輩
おすすめ度
著者読谷あかね/四ツ谷壇

あらすじ

「お前よく社会に馴染めているな。アタシは、もう無理だわ。」私の大学の先輩が突然死ぬと言い出し、長野へ向かうらしい。私は先輩の最期を見届けるために長野へついていく。

ネタバレなしの感想

正しいと呼ばれるものに染まってしまえば楽なのに染まれない正しくない人。そもそも何が正しいのかは分からないけれども。予想しやすい正しさより、予想しにくい正しくないものの方が魅力的なのかもしれない。

真夜中のハイライト

真夜中のハイライト
おすすめ度
著者熊谷亜門/今井ミキオ

あらすじ

ある朝、母さんの頭上に「3」、親父の頭上に「89021」の数字が。どうやら吸ったタバコの本数らしい。そして、同じ中学のクラスの女子でおとなしい鈴本の頭上には「83」の数字が・・・?

ネタバレなしの感想

中学生の幼さと成長。自分とは違う世界で生きる人に出会うまで気づかなかった無力な自分に気づく感じも凄く良い。タバコに灯る光が自分の居場所を示していて、時間が経てば煙と一緒に消える・・・と勝手に感じてしまってグッと来てる。

BLACK SANTA

BLACK SANTA
おすすめ度
著者GOTTANI

あらすじ

奪わせないためなら、赤でも黒でも染まってやる。あるコソ泥が子供を殺した。そいつらは翌日、白い袋の中に詰められて見つかった。子供に手を出した奴の元には、黒いサンタクロースがやってくる。

ネタバレなしの感想

展開としてはワンパターンかもしれないが、圧倒的な画力と魅せ方で押し切ってくる作品。とにかく「好きな人は好きだよね!最高だよね!」ってなるのでおすすめ。

おすすめ度:3

遠星

遠星
おすすめ度
著者庭の苔

あらすじ

罪を犯した者たちは、朽ち果てた青い星・地球へ輸送される。宇宙服を着た主人公もまた、罪人の1人。そして、地球に住む少女と出会う。頑なに宇宙服を脱ごうとはしない主人公と少女は生きるために地球で生活を始める。

ネタバレなしの感想

読み終えたあとに、まるで1本の映画を見たかのような気分を味わえます。絵のタッチも世界観に合っていて好き。

ノックノック

ノックノック
おすすめ度
著者インカ帝国

あらすじ

友達とカラオケで楽しい時間を過ごす元気な18歳のヨシカ。卒業したらどうなる?将来の不安。そして、彼女には誰にも言えない悩みもあった。帰り道、1発当てたら100円の殴られ屋と出会ったことで彼女は変わるきっかけを掴む。

ネタバレなしの感想

読んでいてスカッとしますし、まさか殴られ屋からそういう話に繋がるのかと驚き。

リアルライフタイムアタック

リアルライフタイムアタック
おすすめ度
著者チッチーズ

あらすじ

文化祭最終日。カッブリングキャンディーというイベントでサッカー部のキャプテンが愛ちゃんにアメを渡した。愛ちゃんが気になるゲームオタクの早瀬は、愛ちゃんに好きになってもらうために文化祭最終日RTAを始める。

ネタバレなしの感想

文化祭最終日を繰り返すループ系の作品。何度も何度も愛ちゃんに好きになってもらうために挑戦する姿、そして最終的に辿り着いた答えに注目。

シェアハウスからの脱出

シェアハウスからの脱出
おすすめ度
著者まの瀬/タイジュン

あらすじ

シェアハウスのハウスメイトが陽性になったことをきっかけに1週間外出禁止に。メーカー勤務の霧谷は、ハウスメイトと共に外出自粛3日目の月曜を過ごす。翌日、目が覚めるとハウスメイトは昨日と全く同じ行動をしていて・・・

ネタバレなしの感想

ご時世とループ系を上手く掛け合わせた作品で「そう来たかー」と感心させられてしまった作品。とにかくネタバレなしで読んでほしいです。

宇宙の彼方のLDK

おすすめ度
著者まの瀬

あらすじ

これは宇宙の彼方で旅をする3人の少女の物語。ジャンルで言うと、SF(すごくふぃま)コメディ作品ですが、ここで緊急事態が発生したようです。どうやら図書館にいるグンジに事件が起きたようだ。まさかこんなことになるなんて。

ネタバレなしの感想

この無機質な感じと、淡々と描かれる感じ。そして1つ1つのセリフのチョイスがしっかりと世界観を作れていて面白い。

そしておわり、すいかわり。

そしておわり、すいかわり。
おすすめ度
著者夏井とし

あらすじ

明日からはそれぞれの道だ。バンドは解散。4人のメンバーは未練を断ち切るため、夜の浜辺で目隠しをし、ギターでスイカ割りをしようとしていた。右!もっと右!左左・・・上!上!UFOがやってきてリーダーが連れ去られてしまった。

ネタバレなしの感想

直接的な表現は使っていないのに、なぜか青春を感じられる作品。積み重ねてきたものと、違った形の新たな1歩をギャグ・コメディで描けているのも素敵。

心中

心中
おすすめ度
著者矢薙/増渕ウナム

あらすじ

媚びろ。好かれろ。嫌われるな。敵を作るな。昔から僕 / 私は、感情が希薄だった。そんな私たちは学校で溶け込むために仮面をつけ、親の前でも仮面をつけ続けた。そして今日、私たちは心中する。

ネタバレなしの感想

主人公たちが持つ2つの顔。似たような家庭環境。苦しみながらもがく日々。序盤から読者は2本のレールの上を走らされ、最後にすべてを持っていかれたーという感じ。


少年ジャンプ+で読めるおすすめ読み切り作品TOP10

【1位】花は死にたがる

花は死にたがる

12歳の春。花が好きな母が死んだ。葬式から持ち帰った花が枯れたとき、母が死んだ現実を突きつけてくるようで悲しかった。大学生になった僕は「枯れない花」を創るため研究に没頭していると・・・

【2位】ロッカールーム

ロッカールーム

日雇い労働の男は、ある不思議なロッカーと出会う。ロッカーの前で願い事をすると、願ったモノがロッカーから出てくる仕組みだ。何でも願いを叶えてくれるロッカーの前で小さな幸せを叶え続けていた男は・・・

【3位】あの部屋の幽霊さんへ

あの部屋の幽霊さんへ

何年経っただろうか。ずっとこの場所で立ち続けることしかできない幽霊の私。 話すこともできなければ、誰も私に気づかない。そんな日々を過ごしてきた私は、私のことが視える小夜子と出会う。

【4位】ヒーローコンプレックス

リレーの選手に選ばれないことがないくらい足が速かった兄の景。将来は五輪の選手に。一方、弟は内気で兄とは真逆の性格だった。そして今、兄の景は普通のサラリーマン。弟は人気漫画家になっていた。

【5位】文を綴る

文を綴る

ある日、転校生・大塚あやのが教室にやってくる。彼女の書く黒板の文字は美しかった。そんな綺麗な文字に見惚れてしまった笹村は、あやのの存在が気になり始める。しかし、大塚あやのには誰にも言えない秘密があった。

【6位】空飛ぶモグラ

空飛ぶモグラ

地上は、酸性雨が降り続ける。文明は滅び、人類は地下へと逃げ込んだ世界。100年後、地上の水は地下へと流れ込み1つの国が滅びようとしていた。逃げることが許されたのは「移民査証」を与えられた人間のみ・・・

【7位】世界のおわりのペンフレンド

世界のおわりのペンフレンド

私が6歳のときに、災害が起きて世界は滅びかけていた。あちこちに瓦礫の山があるこの世界で生きる私には「私の遊園地」があった。小さな文房具店にある試し書きの紙に、私が好きだったキャラクターを描いていると・・・

【8位】フツーに聞いてくれ

フツーに聞いてくれ

好きだった女子に告白。告白の曲をYouTubeにアップロードした主人公。その女子は告白動画をラインで拡散。学校中で告白の曲はネタにされて笑われてしまう。しかし、この動画をきっかけに陰謀論へと巻き込まれていく。

【9位】BLACK

BLACK

怪物を倒すために作られた二足歩行型太陽光線砲台「HOPE」。HOPEのパイロットに憧れ就職活動をしていた羽黒普は、現在HOPEの部品工場で休みなく働く生活。そんな羽黒普は、あまりの忙しさと環境に絶望する。

【10位】風の音を響かせて

風の音を響かせて

女子高生のミサキは、ある日突然50mを3秒で走れる身体になってしまった。そして今では全速力で走れば2秒台。そんな彼女にはある夢があった。その夢を叶えるため、親友の橘ルカは、ミサキを連れ出して協力することに。


少年ジャンプ+とは

少年ジャンプ+

集英社から配信されている漫画サービス。週刊少年ジャンプとは別で曜日ごとにオリジナル作品が多数連載されている。


更新情報


関連ページ

コメント

コメントする

目次