▷ Amazon Prime Day情報まとめ
電子書籍の漫画読むならタブレットは10インチ以上をおすすめする理由

電子書籍の漫画読むならタブレットは10インチ以上をおすすめする理由

電子書籍の漫画を読むなら10インチ以上をおすすめする理由

  • 電子書籍の漫画を快適に読むならタブレットがおすすめ
  • 10インチ以上のタブレットであれば見開きでも読みやすい
  • 見開きで読めるから紙の漫画を読んでいるのと同じように楽しめる

電子書籍の漫画を読むためのタブレットを探している方に向けて、10インチ以上のタブレットをおすすめする理由について解説していきます。


10インチタブレットの魅力

見開き2ページ表示をしても読みやすい

タブレットを横向きにして2ページ見開きの状態を作っても、スラスラとセリフを追うことができるほど快適に読めます。高さは紙の単行本とほぼ同じ。


漫画を読むためのおすすめタブレットは?

スクロールできます
iPad

iPad

  • ディスプレイのサイズが10.2インチ
  • ディスプレイの比率が3:4
  • iPadの中で最も安いモデル
iPad Air

iPad Air

  • ディスプレイのサイズが10.9インチ
  • ディスプレイの比率が3:4
  • 価格は高いが性能は優秀
Fire HD 10

Fire HD 10

  • ディスプレイのサイズが10.1インチ
  • ディスプレイの比率が16:9
  • 価格が2万円を切ったタブレット

タブレットで漫画を読んだり雑誌を読んだりする使い方をするのであれば、最も安いモデルのiPadをおすすめします。

ディスプレイの比率(アスペクト比)は「4:3」がおすすめ
ディスプレイの比率(アスペクト比)は「3:4」がおすすめ

漫画をの比率を崩さないために、タブレットでは上下もしくは左右に余白が入ります。この余白が「3:4」の比率のタブレットの方が少ないため、同じ10インチでも「3:4」の方が漫画を大きく表示させることができます。

目次

10インチ以上あれば2ページ見開きで漫画を読める

見開き2ページ表示をしても読みやすい

電子書籍で漫画を読む最大のデメリットは、紙の漫画のように2ページ見開きで読めないこと。それを解決するのが10インチ以上のタブレットです。

10インチ以上のタブレットであれば、見開きの状態にしても快適に読めるサイズ。

10.9インチのディスプレイを横向きにした状態と単行本を比較

コマのサイズ感としては、紙の単行本とほぼ同じ。

つまり紙の単行本で漫画を読むように電子書籍の漫画を読めるのが魅力です。

電子書籍の漫画を見開きで読む理由

片側1ページだけを表示させて読む場合、漫画の醍醐味である迫力ある見開きシーンが途切れてしまいます。

片側1ページだと迫力ある見開きページが見れない

また、漫画の作品によっては、特殊なコマ割りを使った見開きページも存在します。

特殊なコマ割りの見開きページ

上の画像で説明すると、上半分だけ見開きにして見せて、下半分は通常通り右から左へ読ませるケース。

こういった迫力ある見開きや特殊なコマ割りの見開きが片側1ページ表示では切れてしまい、作者の意図とは異なる感じ方を読者がしてしまう場合があります。

それを避けるためにも、漫画を読むなら紙と同じように見開きで読むのがおすすめ。

10インチのタブレットを縦向きで読む場合のサイズ感

10.9インチのiPadと週刊少年ジャンプを比較

上の画像は、10.9インチのiPadと週刊少年ジャンプとの比較です。

10.9インチと言っても漫画雑誌と比べたら意外と小さいんですね。

週刊少年ジャンプよりも小さいと考えると、漫画を読むという意味ではそこまで大きくはありません。

10.9インチのディスプレイ

セリフの文字もディスプレイに比例して大きくなるため、電子書籍だとセリフの文字が読みにくいという方でも安心して読むことができます。

漫画を読むならディスプレイの比率は4:3が読みやすい

タブレットを購入する際に意外と見落としがちなのがディスプレイのアスペクト比です。

アスペクト比とは

ディスプレイの縦と横の長さの比率。基本的に「4:3」か「16:9」のものが多い。

電子書籍の漫画を読むなら「4:3」の比率を採用しているタブレットがおすすめ。

アスペクト比「4:3」だと余白が少ない

iPadのディスプレイ比率は、4:3だから紙に近い

タブレットで漫画を表示させる際、漫画の比率を崩さないように余白が入ります。

この余白の量を少なくできるのが「4:3」のタブレットです。

これは、元々の紙の漫画の比率に近いため、余白が少なく、画面いっぱいに大きく表示させることができます。

YOMUDAKE

YOMUDAKE POINT


同じ10インチのディスプレイでも「16:9」より「4:3」の方が大きく漫画を表示させることができます。なるべく余白は少なく、画面いっぱいに漫画を表示させて読みたいのであれば「4:3」のタブレットがおすすめ。

電子書籍で漫画を読むためのおすすめタブレット

スクロールできます
モデルディスプレイ保存容量価格

iPad
10.2インチ
(4:3)
64 / 256GB49,800円〜

iPad Air
10.9インチ
(4:3)
64 / 256GB92,800円〜

Fire HD 10
10.1インチ
(16:9)
32 / 64GB19,980円〜

iPad(10.2インチ)

iPad
  • 10.2インチ
  • ディスプレイの比率が4:3
  • iPadの中で最も安いモデル

電子書籍の漫画以外にも雑誌などを読みたいという方で、なるべく価格は抑えたい人におすすめのモデルです。

Apple(アップル)
¥49,800 (2023/05/31 12:36時点 | Amazon調べ)

iPad Air(10.9インチ)

iPad Air
  • 10.9インチ
  • ディスプレイの比率が4:3
  • 価格は高いが性能は優秀

電子書籍で漫画を読む以外にもタブレットで色々な作業をしたい方向け。基本的に漫画を読むだけなら安いiPadで十分。

Apple(アップル)
¥92,800 (2023/05/31 12:41時点 | Amazon調べ)

Fire HD 10(10.1インチ)

Fire HD 10
  • 10.1インチ
  • ディスプレイの比率が16:9
  • 価格が安い

ディスプレイの比率は16:9ですが、一応10インチ以上あり、価格も2万円を切っているため手を出しやすいモデル。とにかく安いのが良いという方におすすめ。

Amazon
¥19,980 (2023/05/31 12:45時点 | Amazon調べ)

電子書籍で漫画読むなら10インチ以上がおすすめの理由まとめ

まとめ
  • 電子書籍で漫画を読むなら10インチ以上がおすすめ
  • 2ページの見開きで表示させてもスラスラ読めるサイズ
  • 電子書籍でも紙の漫画のように読める

紙の漫画から電子書籍へ移行する際にタブレットの購入を検討されている方は、絶対に10インチ以上を買っておいて損はありません。

Apple(アップル)
¥49,800 (2023/05/31 12:36時点 | Amazon調べ)

コメント

コメントする

目次