ヤンマガWebの会員登録は無料?ペリカや仕組みについて解説

ヤンマガWebをまだ利用したことがないという方や、仕組みについて知りたいという方に向けて解説。


ヤンマガWebとは

ヤンマガWebとは

ヤンマガWebとは、講談社が発行するヤングマガジンによるWEBサービス。ここでしか読めないオリジナル作品はもちろん、ヤングマガジンで連載されている作品なども掲載されている。


ヤンマガWebの仕組みとは

少ヤンマガWebでは「チャージ式」を採用。1作品ごとに1日1話ペースで読めるようになっている。また、無料アイテムのペリカを使用することでチャージ関係なく読み進めることが可能。


無料会員登録ヤンマガWebに登録すると、最初に2,500ペリカがプレゼントされる
ログインボーナス毎日300ペリカ貰える
ポイントの購入有料アイテムのポイントを購入すると、ポイント数に応じてペリカがおまけで付いてくる

基本的にログインボーナスで集めていくことになる。1話読むために700ペリカが必要ということを考えると、1週間で3話分のペリカが集まる計算。


目次

ヤンマガWebとは

ヤンマガWebとは

公式サイト:https://yanmaga.jp/

ヤンマガWebとは、講談社が発行するヤングマガジンによるWEBサービスになります。

ここでしか読めないオリジナル作品はもちろん、ヤングマガジンで連載されている作品なども掲載されています。

ヤンマガWebの「アプリ」は現時点では存在しない

基本的にアプリでは様々な規制があるため、ヤンマガWebは、Webサイト(ブラウザ)でのみ閲覧することができるようになっています。

現時点で、ヤンマガWebのアプリは存在しないので注意。

ヤンマガWebの会員登録は無料?

ヤンマガWebの会員登録は、無料で行えます。

ヤンマガWebでは、会員登録をしなくても、一部の無料解放されているマンガを読むことは可能です。

しかし、連載されているほとんどの作品は、読み進めていく過程で無料会員登録が必要になります。

ヤンマガWebの仕組みとは

ヤンマガWebの仕組みとは

ヤンマガWebの仕様について解説します。

ヤンマガWebには、3つのアイテム・マンガの閲覧方法があります。

チャージ待つと無料と書かれた作品は1日1話ペースで読める
ペリカチャージ関係なく読み進めるために必要な無料アイテム
ポイントペリカと同じ役割をする有料アイテム

それぞれの違いについて、1つずつ見ていきましょう。

待つと無料‥‥!とは「閲覧後23時間経過が必要な話」

ヤンマガWebは、チャージ式を採用しています。

それぞれの作品に「チャージ」が設けられており、1話読み終えると次の2話目を読むためには23時間待つ必要があります。

つまり、基本的に毎日1作品ごとに1話ずつ読み進めることができる計算になります。

ペリカとは「チャージとは別に読み進められるアイテム」

チャージは、1日1話しか読み進めることができないのに対し、ペリカはチャージ関係なく読み進めることができるアイテムになります。

マンガアプリで言う「チケット」や「コイン」のような役割をし、無料で入手することが可能です。

ちなみにペリカは、使用できる作品と使用できない作品があるので注意。

ポイントとは「ペリカと同じ役割をする有料アイテム」

ポイントは、ヤンマガWeb内で購入することができる有料アイテムです。

基本的にペリカと同じ役割をしますが、ペリカでも読めない話を読むことができるというのが特徴。

ヤンマガWebで使える「ペリカ」の貯め方

無料会員登録ヤンマガWebに登録すると、最初に2,500ペリカがプレゼントされる
ログインボーナス毎日300ペリカ貰える
ポイントの購入有料アイテムのポイントを購入すると、ポイント数に応じてペリカがおまけで付いてくる

ペリカは、獲得方法によって有効期限が異なります。

有効期限

  • 無料会員登録・ログインボーナスのペリカは「14日間」
  • ポイントの購入時に付与されたペリカは「180日間」

1話読むために700ペリカが必要なので、単純に計算するとログインボーナスでは、1週間で3話分のペリカが集まるということになります。

ヤンマガWebについてのまとめ

まとめ
  • ヤンマガWebとは、講談社のヤングマガジンによるWEBサービス
  • 連載中のオリジナル作品やヤンマガで連載されている作品が掲載されている
  • チャージ式を採用しており、1作品ごとに1日1話ペースで読める
  • 毎日ログインボーナスで300ペリカを貰うことができ、1週間で3話分のペリカが集まる

コメント

コメントする

目次